ボードゲームレビュー

先読み真剣勝負!コリドールミニを買ってみた!

コリドールは手札や運要素がないアブストラクトゲーム!

妨害の壁を上手く使いつつ、相手より先に自分が相手の陣地に入ることが出来たら勝利!

コリドール・ミニはそのミニ版!プレイに支障はないので、このサイズでおすすめ!

【コリドール・ミニ】
プレイ人数:2人・4人
プレイ時間:15分
対象年齢:8歳〜

カバンにもいい感じに入るミニサイズ!

中身はこんな感じ!コマを入れる袋がいい感じだ!

コリドールのルールと流れ

画像2枚でわかる簡単ルール!

2人でやる場合、10枚ずつ板(フェンス)を持って以下のような形でゲームスタート!

プレイヤーはコマを進めるか、新たにフェンスを置くかを選択する。

コマは基本上下左右の1マスずつ。相手がいるコマと同じマスに移動するときは、もう1マス進める。(飛び越えるようなイメージ)

フェンスはこのように置いて、相手を邪魔するように使う!

もちろん相手にも邪魔される・・・・!

フェンスは10枚まで!少なそうに見えて結構多いのでガンガン置こう!

ただし、相手がゴールに行けない状態にフェンスを置くことはできない

↑こんなのはダメ!

ただし、どんだけ遠回りでもゴールに行けるルートがあればOK!

最終的にゴール(相手側の一番奥の列)に先にたどり着いたらゴール!

このゲーム、フェンスを相手の邪魔に使うのも重要だが、自分のゴールまでの道を作るのにも有効!

相手をゴールできない壁を作ってはいけないので、あらかじめ遠回りのルートを自分で塞ぐことで、自分が近道ルートでゴールすることが可能だ!!

1度やってから2回目が本番。

相手の戦略を先読みして、更に一歩先の手を打とう!

ちなみに、4人でやる場合は持ち1人フェンスは5枚だ。

「あいつが有利だぞ!」と周りをけしかけよう(笑)

ツイッターの反応

まとめ

・簡単ルールだが、実に奥深い戦略が必要となる

・アブストラクト好きにおすすめ

・盛り上がり要素等はあまりない

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, ,