ボードゲームレビュー

騙し合い入門ゲーム!?赤ずきんは眠らないを買ってみた

【赤ずきんは眠らない】
プレイ人数:3~6人
プレイ時間:20分
赤ずきんは眠らないは簡単に心理戦が楽しめるゲーム!狼以外のプレイヤーは寝るかトラップかを選択する。狼が襲ってきたときに、トラップを仕掛けていれば得点を得られるが、寝ていれば失点し狼に得点。
狼に襲われなかったプレイヤーはトラップだと何も起きず、寝ていれば得点だー!

中身はこんな感じ

赤ずきんは眠らないのルールと流れ

こんなルールカードがついてくる。便利!


てことでこれが全てのルールなのだが

1.狼は他のプレイヤーにキャラカードを配る。
DSC_3097-3.jpg


2.他のプレイヤーはおうちタイルの「おやすみなさい」か「トラップ」をどちらか表にして、自分のキャラカードをかぶせる。


この時、他のプレイヤーには見えないように!

3.狼は「おやすみなさい」を表にしていそうなプレイヤーを選び、その人のカードをめくる。

4-1.狼がめくったカードが「おやすみなさい」
→めくられたプレイヤーはカードの点数分得点を失う。狼はカードの点数分得点を得る

4-2.狼がめくったカードが「トラップ」
→めくられたプレイヤーはカードの点数分得点を得る。狼はカードの点数分得点を失う。

4-3.狼がめくりにこなくて「おやすみなさい」
→自分のカードの点数分得点を得る。

4-4.狼がめくりにこなくて「トラップ」
→何も起こらない。

5.得点が10点になったプレイヤーがいれば勝者となりゲーム終了。

6.得点を失ったプレイヤーがキャラカードを全員に配り直し2.に戻る
キャラカードの赤ずきんは3点、親ブタ2点、子ブタ1点。赤ずきんはハイリスクハイリターン。
キャラカードは失点した人が配れる。

狼役はリスクが高い(全員トラップなら絶対失点する)ので、1番得点を獲得している人に狼を渡すのはセオリーだったり。

プレイ中はこんな感じ。
DSC_3077-1.jpg


透明なトークンが1点、赤のトークンは5点。
案外すぐ終わるかな、と思ったら10点を先に行かせないように、というプレイングを皆がするため、すんなりとは終わらないw

ルールはとても簡単でありながら、騙し合いが楽しめる。
ボドゲ初心者の導入や、お酒飲みながらのプレイが楽しいかも!

ツイッターの感想

まとめ

・簡単軽量ボドゲで心理戦が楽しめる!
・初心者が楽しめる数少ない心理戦ゲーム!
・絵柄が可愛い!
・ルールの紙が人数分ついているのも個人的にかなり好ポイント。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , ,