ボードゲームレビュー

上達したくなるアクションゲーム!アイスクールを買ってルール解説!

自分で買ってみたじゃないけど、友人が購入して自宅にあるのでやってみた
【アイスクール】
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:30分
アイスクールはペンギン型の駒を弾くゲーム。
生徒は風紀委員に捕まらないように所定の場所を通過し、1人だけいる風紀委員は他の生徒のコマにぶつける。
「おはじき」じゃんと侮ることなかれ。起き上がり小法師となっているこのコマが色々な動き・技ができて大人でもすごく楽しい!

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)

そこそこ大きい。この箱でゲームをプレイする。

5個の箱が入っている。



それを繋げてゲーム盤!


アイスクールのルールと流れ

プレイヤーはいずれかの色のカードと駒を所持。生徒手帳は、風紀委員にぶつけられると渡さねばならない。


風紀委員以外のプレイヤーはここからスタート。


ちなみに風紀委員はこの箱の対角線の箱からスタートする。
通路の上に3箇所、魚駒がある。


自分の駒がその場所を通過すると、通過した場所にある自分の色の魚駒が貰える。

魚駒はポイントカード1枚になる。

ポイントは1~3点がランダム。ちなみに所持している1点のカードを2枚公開することで追加で自分のターンがもう1回できる。
風紀委員は相手の駒にぶつけると、そのプレイヤーから生徒手帳カードを貰える。
風紀委員に関しては、ラウンド終了時に持っている生徒手帳カードの数だけポイントカードを引ける。
ラウンド終了条件は
・誰かが自分の魚駒を3つ集める(3箇所を通過)
・風紀委員が他のプレイヤーの生徒手帳カードを集める(全員にぶつける)
のいずれかで終了。
これをプレイヤー全員が風紀委員が回るまで繰り返し、最終的にポイントカードの特典が一番多い人の勝利!
簡単ルール!

何が楽しいって、このペンギン駒、うまく弾くとカーブしたりジャンプしたりする。
とりあえず↓の公式PVを!
『アイスクール』 プロモ(日本語)
すごーい!たーのしー!
ドイツ年間ゲーム大賞2017のキッズ部門にもノミネートされてたよね。
子供向けと思わずに一度やるべし!
もちろん子供とも!
ちなみに個人的な弾く時のコツは
・デコピンの要領で強く弾くよりもよりも、床に爪を立てた後弾く感じ
・ジャンプを狙う時はデコピンで思いっきり!

ツイッターの感想

まとめ

・簡単アクションゲームなので子供でも、初心者にも!
・カーブとかが決まると超気持ちいい!
・弾く度に移動するので、机の周りを歩き回ることになる。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , ,