ボードゲームレビュー

子供もできる簡単2人のおばけゲーム、ガイスターを実際に買ってレビュー!

【ガイスター】
プレイ人数:2人
プレイ時間:10〜20分

ガイスターは良いオバケ、悪いオバケを動かして3つある勝利条件どれかを達成するゲーム。

すごく簡単なルールなので、子供やボードゲーム初心者におすすめ。

2人専用のゲームなのでそこは注意。

ボードゲーム作家はAlex Randolph。

極限まで削ぎ落とされたシンプルなルールが魅力。

大きすぎない箱。

ちょっと雰囲気があるのがいい。

良いオバケと悪いオバケの組み立てが必要なので、事前にちゃんと開封しておこう。

ガイスターのルールと流れ

まず、良いオバケ4つ、悪いオバケを4つずつを各プレイヤーが盤上に並べる。

初期配置はこのように4×2だけど、良いオバケと悪いオバケは好きなように並べて良い。

良いオバケは青で、悪いオバケは赤いマークがある。自分だけに見えるように配置しよう。

あとはプレイヤーが1ターンに1つのコマを上下左右の1マスずつ進めるのみ。

進んだ先に相手のコマがいればそのコマを取れる。

勝利条件は以下3つのどれかを達成すればその時点でゲーム終了、

1.相手の良いオバケを全部取る。

2.自分の悪いオバケが全部相手に取られる。

3.自分の良いオバケ1つを、相手側の出口(矢印のマス)から外に出す。

これだけだ。

すごく簡単なルールだけど、面白いのは相手のコマが

良いオバケか悪いオバケかがわからないところ。

この心理戦が面白い!!

なので知らない人と仲良くなるためにプレイするよりも、

よく知った仲でやるのがおすすめ!

家族や友達かな。

「そんなに突撃してくるってことは悪いオバケだな?」

とか

「・・・と、見せかけて良いオバケだな!?」

とか

「慎重な貴様は良いオバケを後ろに並べて後から出すつもりだな。お見通しだ!!」

とかが楽しい。

簡単なルールなので、将棋とかがまだ難しい子供とかにもおすすめだ!

簡単ルールで楽しめる心理戦。

ボドゲ史に残る名作なのでぜひプレイしよう!

ツイッターの感想

まとめ

・すごい簡単ルールで老若男女おすすめ

・ボドゲ史に残る名作、1度はプレイすべし

・相手との心理戦なので、よく知った相手とやるのがおすすめ

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , ,