ボードゲームレビュー

チキンレース!腰抜けやろう!!を買ってみた

【腰抜けやろう!!】
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:15分

ゲームマーケットで買いました!

簡単で楽しいチキンゲーム!

イラストが好き!

腰抜けやろう!!のルールと流れ

0~3が書いてある山札のカードを1枚ずつ取って、自分の前に置く。
合計値が6以上になればアウト。それまでにはストップを宣言して引くのをやめる。ただし、自分の前に置く時、2枚目以降のカードはすぐに見ることができない。
3枚目を引いた時は1~2枚目のカードが見れる。
4枚目を引いた時は1~3枚目のカードが見れる。
5枚目を引いた時は1~4枚目のカードが見れる。
全員がストップした時、合計値が5以下ならポイント。ポイントは引いたカードの枚数によって決まり、多いほど良い。それを繰り返して設定点数に到達したら勝ち。

ゲムマ当日は説明がなく知らなかったが、得点が入るのはセーフの人の中で一番得点が高い人のみ。※同数の場合は親

これが得点板


20点になったら勝利。

マイナス点の場合はカウンターを裏向けて(青色になる)この得点板に置く。
これが得点表


5枚で勝ったら8点が貰える。

逆に5枚でドボンになったら-4点。
やるときはこんな感じ?

これを親の前に置く。


得点が獲得した人に親は移動する。
5以下で子と親の枚数が同じ場合、親に点数が入り、親は継続。
親はかなり有利。

ちなみに、カードの比率(後述アイテムカード含む)は
0が16枚
1が56枚
2が31枚
3が7枚
3なんて全然出ないじゃん!余裕余裕!

さあ、やってみる。
1枚目


まだまだいける!

2枚目


このカードは見ることができない。

3枚目



この時、2枚目のカードが見れる。
今の合計は2+?
見えないカードが2や3で次に引くカードも2とかだった場合はもうドボン。
しかしこんな所で引くチキンではなーい!

4枚目


この時3枚目のカードが見れる。
0はいいカード!てことでもう1枚!
関係ないけど絵が可愛い。

5枚目


今の合計値は3。そろそろ2のカードとかが来てそう。
ここから更に引くのはリスキーか。相手が4枚で終わっているのでここでストップすることにする。
結果オープン!


合計値は5!なのでセーフ!

相手もセーフだったけど、自分は5枚のセーフ、相手は4枚なので得点は自分だけ入る。


得点は8点!

こんな感じで繰り返して20点を目指す。
(写真では2人プレイですぐ終わっちゃうので、初期スタートを-10点から初めてみた。)
また、アイテムカードというものがある。

写真のMinus oneがアイテムカード。

左上の数字の数としてそのラウンド中は取り扱うが、そのラウンドでドボンしなかったらアイテムカードを手元に1枚まで置くことができる。(得点は獲得できなくても、ドボンしなかったら貰える。)
※写真では6以上のドボンなので獲得できなかったけど。。。

もらったカードは1度だけ使える。
このマイナスワンは他のプレイヤーが得点した時に、枚数を-1した数の得点にする。(6枚であがっても、5枚の得点にする感じ)

他にも


このLookは使用したラウンド中、引くカードを全てをオープンする事ができる!
オープンしてても急に3とか引いたらドボンしちゃったりするけど。。。
こんな感じでアイテムカードが7種7枚あって、時折ゲームに刺激を与えてくれる。

ツイッターの感想


シンプルで心地よい運要素なゲーム!

まとめ

・ルールが簡単!
・絵が可愛い!(3の数字のニワトリがお気に入り)
・軽いゲームなのでボドゲ初心者とやるにはすごいおすすめ!

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , ,