ボードゲームレビュー

簡単サイコロで本格的な騙し合い、ブラフをレビュー!ルール解説!

【ブラフ】
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分
ブラフはサイコロを使った場の出目予想ゲーム。
見れるサイコロは自分のだけ、予想と言いながらも相手に自分の持ってるサイコロを錯覚させ、騙すゲーム!
騙すゲームというと難易度が高そうに聞こえるかもしれないが、サイコロの出目と数を言っていくだけのゲームなので初心者でも簡単!
お酒をちょこっと飲みながらが一番楽しい!
ちなみにこのゲーム、パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストにもちょこっと登場してる!

大きめの箱


無駄スペースだらけ!(ボドゲ箱あるある)カップ重ねろよ!

ブラフのルールと流れ

各プレイヤーには5個のサイコロとカップが配られる。
カップでサイコロを振り、その出目は自分だけが見えるように。

そして場のボードで「自分を含む、全員のサイコロの出目の数を予想」する。
例えばこれは



場に4の出目が2個以上あると予想している状態。
赤いサイコロの出目が出目の予想。ボードの数字がサイコロの数の予想だ。

そういえば言っていなかったが、サイコロにはこのサイコロには6がなく☆がある。

星の出目は1~5どの数字としてもカウントされる!

ということでさっきの画像は
場に4の出目が2個以上あると予想している状態。
ではなく
場に4の出目と星の出目が合わせてが2個以上あると予想している状態。
となる!!

そして次のプレイヤーは次の2つどちらかをする。
・チャレンジ(前のプレイヤーの予想が間違っていると宣言)
・レイズ(予想を上げる)

レイズする場合、サイコロの出目を大きくするor好きな出目でボード上を進める。

例えばさっきの4が2個以上状態から
5が2個以上ある!



ってやったり

2が3個以上ある!


ってやったりする。

1が2個以上とか、3が1個以上とかの予想はできない。
またボードのオレンジのところは星の数専用の予想。
これは☆が2個以上ある!という予想になる。



(次の人はオレンジマスで出目を大きくする予想は無理なので、必然的になにかの出目が4個以上といった予想をしていく。)

そして次のチャレンジの説明。
例えば3人サイコロ15個でやっていて「5が8個以上ある!」という予想にチャレンジした場合。
5と☆の出目の合計が

・10個あった場合…前のプレイヤーは嘘ついていなかった。チャレンジした人が個数の差分2個のサイコロを失う。
・6個あった場合…前のプレイヤーは嘘ついていた。チャレンジされた(宣言していた)人が個数の差分2個のサイコロを失う。
・8個あった場合…前のプレイヤーの予想は正確だった!宣言者以外全員が1個サイコロを失う。

そして次のゲームへ。
進むに連れどんどんサイコロが減ってくる。


最後とか自分の持つ情報量は微々たるものなので、勘と他者の予想が超重要w

サイコロがなくなったら脱落。
最後まで残っていた人が勝利!
最後の1vs1とかはカードゲームのコヨーテみたいな感じ。運ゲーのようでもあるが、相手の嘘をいかに見抜けるか・・・!
確率とか好きな人は絶対ハマる。確率通りにはいかない面白さにww

ツイッターの感想

まとめ

・その名の通りブラフゲーだけど、初心者でも楽しめる。
・もちろんボドゲ好きでも満足できるおすすめ(1992年ドイツ年間ゲーム大賞という名作)
・個人的には手札とかボード以外は濡れても大丈夫なので、お酒片手に盛り上がるのがおすすめ!

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , ,