ボードゲームレビュー

大盛り上がり!ピットデラックスを買ってみた感想・レビュー!

ピットは1904年という100年以上前にできたボードゲーム。
プレイヤー同士で手札を交換し、同じ絵柄を先に揃えた人が勝利。
交換はターン制ではないリアルタイムバトル!とにかく盛り上がるパーティゲー!

【ピット デラックス】(デラックスはベルがついてるってことかな?)
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:30分

 

そこそこコンパクト。
P1080209.JPG

でも中身が9枚×8種類カードとベルだけと考えると大きいか。(牛、熊は追加ルール)
P1080210.JPG
正直、ベルが無くてもプレイはできる。でもベルがあるほうが盛り上がる!
これは盛り上がる為のゲーム。なのでベルは必須!!

ピットのルールと流れ

プレイ人数分の種類のカードを準備する。
使う種類のカードは9枚全部使用。それ以外のカードは使わない。

例えば4人プレイだと
小麦9枚
大麦9枚
オレンジ9枚
コーヒー豆9枚
みたいな。

それをよくシャッフルして全員に配る。
これで準備は完了!

よーいスタートでゲーム開始。

プレイヤーは1~4枚のカードを各プレイヤーと交換する。
2枚以上を交換するときは、「同じ種類のカードの集まり」で交換する。
小麦1枚&オレンジ1枚を同時に交換とかは出せない。

交換を繰り返し、最初に手札を同じ種類に揃えてベルを叩けば勝利!簡単!

そして大事なルール
・交換はリアルタイムバトル!
・交換の際に話せることは、「枚数」のみ!

リアルタイムバトルてなんやねんということだけど、ターンなんて無い。
交換相手が見つかったら即交換してOK!

更に交渉は枚数のみ!なので
「2枚!2枚!!」
「1枚誰か!誰か!」
「4枚!!4枚!いないか!?じゃあ3枚でもいい!」

てな感じでうるさいくらい盛り上がる!

別に声を張り上げる必要はないんだけど、皆が急ぐと声が大きくなる。

そして終焉の時を告げる「チーン」のベルの音。
「あと1枚だったのにぃ~」「誰だよオレのオレンジ集めてるやつ!」

てな感じで超盛り上がる!!!

ちなみに揃えたカードの右上の数字が得点。
これを何度か繰り返し、500点に達した人が勝利!
ちなみに500点は長いので、300点とか250点とかでやるのがオススメ。

あと3人だとホントにすぐ揃う。5人以上くらいがおすすめかな?8人だとなかなか終わらないかも・・・

(大人数だと目標点数を200点とかでもいいかも)

=追加ルール=
牛と熊のカードを入れる。
なので2人は10枚プレイ。

牛はジョーカー。何にでもなる!
なので8枚+牛であがれる。
9枚+牛だと倍の勝利点で上がれる!

熊はお荷物。何にもならない。ゴミ。押し付け合い
牛熊の交換は他のカードとセットで。

あと計算の時に、牛or熊を持っていれば-20点。両方持っていれば-40点
以上が追加ルール。

やったことないけど、なんか蛇足な気がする。
シンプルを極めた元ルールのほうが面白い気がする。。。

あと変わったやり方として静かなピット。
これは声を出さずに指の本数で交渉する。
こっちは面白かったので時折やってもいいかも笑

ツイッターの感想

 


動画だと雰囲気わかりやすい!

まとめ

・大人数&初心者向け
・声も出して盛り上がる!ボドゲ会の最初の起爆剤や、最後の人盛り上がりに
・追加ルールは無くてもいい

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , , ,