ボードゲームレビュー

熱い戦い!焼肉大戦争を買ってみた!

【焼肉大戦争】
プレイ人数:3~7人
プレイ時間:10~20分
申し訳ない。。。ゲムマ2016春、楽しかったゴールデンウィークから時を経て。
ようやく焼肉大戦争を確りプレイしたのでそのレビュー。



トランプサイズの箱。

焼肉大戦争のルールと流れ


これがメインの焼肉カード。
どれも美味しそう・・・



これがカードの説明。


焼き時間に応じたポイントが入る。


具材に応じた特色があり、タンはすぐに焼ける。ホルモンは確り焼いてこそポイントになる
そしてもう一つのカード。必殺カード!


これはどれも強力なカード。
コゲ肉食べたり、二刀流で2枚食べたり。
(販売ブースで時空干渉の説明を受けて、それで面白そうなので買っちゃった。)
ゲームは焼肉奉行からスタートする。


焼肉奉行は好きなだけ七輪の上に肉を焼く。
七輪の置く場所にも戦略が有り、真ん中が一番焼けやすく、角はなかなか焼けない。


焼肉奉行が肉を焼いたら隣のプレイヤーへ。
隣のプレイヤーは七輪上の肉を食べる(この時必殺カードも使える)か、必殺カードを山札から引ける。
ただし肉を食べると、次のターンは食事中となり何もできない。
それが終わればそのプレイヤーに焼肉奉行が移る。
焼肉奉行が移る度に七輪の上の肉を1段階回転させて、肉を焼いていく。


そしてまた好きなだけ肉を並べて・・を繰り返し100ポイントになった人が勝利。

(ボリュームがほしい時は200ポイントを目標点にしよう)


また、このサークルさんは音楽も作っているらしく、
焼肉大戦争のイメージアルバムがサイトで聞ける!!


これはテンション上がる。
イメージとしては、RPG内のミニゲームで焼肉があったときに、流れてそうな音楽(褒めてる)

ツイッターの感想


とらのあなで買えるみたい。


まとめ


・焼肉が食べたくなる!!!
・サクッと終わってテンポが良い
・ゲームのイメージ、世界がわかりやすくとっつきやすい
・ボードが紙なのでの折り目が気になる
ボードが紙で安っぽいので、そこを改善して「第2次焼肉大戦争」とか「焼肉大戦争DX」とか作って欲しい!ww

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , ,