ボードゲームレビュー

リアルタイムしりとり!ワードバスケットを買ってみた

【ワードバスケット】
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:10分

ワードバスケットは場の文字カードで始まり、手札の文字カードで終わる3文字以上の言葉を、早い者勝ちで言いながら場にカードを出していくしりとり。
ていうかルールはほぼそれがすべて!


なんか箱だけの画像もあったほうがいいような気がしてきた。
CDケースとの比較。コンパクト!

ワードバスケットのカード


中身にはカード(と取説)が!


ルールは最初に記載したとおり、なので文字のカードが多い。
文字カード(ちくわに意味は無い)


基本は文字カード。この文字で始まって、この文字で終わる。のが基本。

続いてワイルドラインカード。


場の文字で始まり、ここに記載されている文字どれで終わってもよい。
場に出された後は、普通の文字カードとして扱う。
(「ボードゲーム」でまみむめもカードを出した場合、次は「む」ではじまる言葉になる。まみむめもどれでもよいわけではない。)

最後にワイルドナンバーカード。


場の文字で始まり、記載されている文字数の言葉ならどんな言葉でも良い。
7+は7文字以上ならOK。
やればわかるけど。3文字はけっこう出ても、4文字、5文字、、それ以上は難しい。。

ワードバスケットのルールと流れ


プレイヤーに5枚のカードを配って…
カード入れ用にゲームの箱を置いて…
山札をめくればゲームスタート!(最初がワイルドなんちゃらなら引き直し)


「き」で始まる3文字以上の言葉…


「ね」のカードがあるのできつね!

続いてたちつてとカードで


ねんど!
濁音、半濁音は無視する。常につけてもつけなくても良い。それは場のカードも出すカードも。
途中、手札のカードじゃ無理ゲー!ってなった時は手札リセットできる。
リセットするときは「リセット○枚」といって手札カードを箱に投入!
持ってた枚数+1枚を引く。

そして・・・
最後の1枚となればリーチを宣言する。
最後のカードは4文字以上で出さなければならない!


変なカードを残すと絶望するので注意。(「ゆ」…て)


まあリセットできるけども。


このワードバスケット、ルールは簡単なのに難しい。
自分の語彙力のなさに絶望する…!!
子どもとやるときは2文字もOKとかにするといいって書いてる。


2人や少人数の場合、全員が知ってる知り合い・有名人やアニメキャラの名前もOKにするとテンポ良くなるかも

ツイッターの感想

まとめ


・簡単だけど難しい。
・あの「しりとり」がここまで面白くなるなんて!
・酒の席にでも、旅行にでも。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , , , ,