ボードゲームレビュー

子どもと楽しめる「え!?しりとり」絵を使ったしりとり!

え!?しりとりは子供と一緒に遊べるしりとりカードゲーム!

大人同士でやると大喜利力が楽しめるアゲアゲ!?なゲーム!

大阪アミューズメントメディア専門学校さんが作成したゲームです。

【え!?しりとり】
プレイ人数:2~6人(実際は7人とか以上でも、スペースの問題が解決されれば可能)
プレイ時間:10〜20分

アークライトショップさんで購入可能とのことです!(2020年9月現在)

・アークライトショップ(え!?しりとり)
https://www.arclightgames.shop/shopdetail/000000000156/

コンパクトな箱に入ったカードゲーム!旅行先にも連れて行ける!

中身は説明書とカードとシンプル。

カードにはそれぞれ色々な絵が描いている!

この絵でしりとりをする!

今時のシンプルデザイン絵で個人的には好き!

え!?しりとりのルールと流れ

準備

全てのカードをシャッフルし、山札を作る。

山札の上から10枚を表にして場に並べる。

イラスト面が表になるように並べる。

これで準備は完了!

山札の一番上に書かれたひらがなからゲームはスタートだ!

ゲームの流れ

場のカードを使ってしりとりをする。

思いついた人から場のカードを指差し、その読み方を叫ぶ!

他のプレイヤーの過半数以上がアリ!と判定したら、回答者はカードをゲット!

回答の最後の文字からそのまましりとりをする。

もしも場にカードがなくなったり、行き詰まった時は

また10枚になるように場にカードを追加して、山札の1番上のひらがなから再開!

山札が尽きた時、最終的にカードを一番手に入れたプレイヤーが勝利だ!!

ポイントとなるのは、もちろん「しりとり」

絵でしりとりをするが、絵の読み方に決まりはない!!

説明書に書かれていたのは、りんごを「アップル」や「赤い果物」「ゴールデンデリシャス」など

そう読めなくないワードであればOK!とのこと

例えば以下

「う」からスタートした図だが、

画像下の猪のような絵を選んで「ウリ坊」!と言ったり

エビを指差して「海の生物」!と言ってもOK!

じゃあなんでもありじゃん!って思うけど、やってみると結構難しい!

自分の発想力の無さに愕然とする。。。

でも良い答えが思いついた時は、すごく気持ちいい!!

簡単ルールなので、子供と楽しめそう!

発想力のトレーニングにいいかも!

(簡単ルールで妻にも好評でした)

ツイッターの感想

まとめ

・絵を使ったしりとり!

・絵の読み方は発想次第!

・子供と一緒に楽しめそう!

・お酒飲みながらやっても、はちゃめちゃになって楽しめそう!

・アークライトショップ(え!?しりとり)
https://www.arclightgames.shop/shopdetail/000000000156/

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , ,