ボードゲームレビュー

大人数におすすめ!ニムトを買ってみた!

【ニムト】
プレイ人数:2~10人 (できれば3人以上)
プレイ時間:30分

ニムト(6 Nimmt!)は簡単に言うと6枚目をおいたらダメな7並べみたいなもの。
しかし全員が同時に出すので、5枚目に置くつもりが6枚目になったり…

ハゲタカの餌食と同じ大きさ。文庫本より一回り小さい程度。

ニムトのルールと流れ

1~104の104枚のカードでプレイ。
各プレイヤに10枚の手札を配り、場に4枚カードを出してスタート。

「せーの!」で場にカードを出し、それを場のカードの右に並べていく。
並べる際は皆が出したカードの中で一番小さな数から並べる。
並べ方は出したカードより小さく、一番近い数字の右に並べる。

もしも列の6枚目を出してしまった場合はその列のカードを引き取って、6枚目のカードが新たな先頭カードとなる。

例えば3人でプレイしていて、以下の場合。
3人の出したカードは57,27,28。この場合一番小さな27から並べていく。



そうすると28が6枚目となってしまった。
なので、この列は28のプレイヤーが引き取り、28が新たな列の先頭となる。(画像では58をもう置いてしまっているが、正式な順序は28が先頭となった後、58のカードを並べる)



これを繰り返し、引き取ったカードに描かれている牛の数が一番多くなったプレイヤーが負け、少ないプレイヤーが勝ちというゲーム。

もしも場のカードの右に置けなかった場合
(以下の画像では場の数字が17以下の数字が61,50,20,92となっているため置けない)



任意の列を引き取る。(引き取る列はどれでもOK。以下の画像では牛2つ(2点?)と一番ダメージが少ない57,61の列を引き取っている)



手札が無くなるプレイして、無くなったらまた手札と場を配り直して再プレイ。
これを繰り返し一番最初に誰かが牛を66点集めたらゲーム終了となる。

相手のカードがわからないので、思い通りにカードが置かれないことが多い!

そんな時に

「うわぁ〜やられたっ!」

「助ったーーーー!」

ってなるのが最高に楽しい!

おこげ

人数が多いほどうまくいかなくて楽しい!

人数が増えてもプレイ時間は大きく変わらないので、多めの人数の時にオススメ

ツイッターの感想

5枚目を置くつもりが6枚目になったり、ここらへんが一番熱いです

3人以上でやりましょう。。。

家族とでも友達とでも。人数が多くなるともう置きたい場所に全然置けません。

まとめ

・ルールが単純で初心者でも簡単にプレイ可能、なのに盛り上がる!
・最大なんと10人!でプレイできる
・思い通りにならないところが面白い
初心者・上級者も関係なく盛り上がれるゲーム。
大人数で集まることが多い人にオススメかも。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , , ,