ボードゲームレビュー

簡単だけどヒリヒリする戦い!それはオレの魚だ!を買ってみた

【それはオレの魚だ!】
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:20分

それはオレの魚だ!はどんどん狭くなっていく氷の上でペンギンを操り、魚を取り合うゲーム。
領地の奪い合い、陣取りゲームのような。
プレイ時間短めで簡単ルールなのに、ゲーム好きも楽しめる!そして安い

コンパクトなパッケージ!キャッチーすぎるパッケージが逆にボドゲ好きは敬遠するかもしれないが、これは買って欲しい!



パネル。


関係ないけどこのパネルは触れると「ホロホロ・・・」と取り外せて楽しい。
たまにすごい硬いパネルあるよね。表面が破れそうな。

それはオレの魚だ!のルールと流れ

まず氷パネルを適当に8×8に並べる。



そして魚が1匹書かれているタイルにペンギンコマを乗せる。
それぞれのプレイヤーが使うコマ数は
2人なら4つ、
3人なら3つ、
4人なら2つ。
この氷パネルの上をペンギンを動かす。

ペンギンの動き方は6方向どこかに一直線、パネルが無くなるか、他のペンギンにぶつかるまで進む。
そして移動元のパネルを手元に取る。
例えば赤のコマが、画像向かって左下に移動した場合。



こうなる

説明書にもわかりやすい図。


これを交互に繰り返し、全員が動けなくなったらゲーム終了。

集めたパネルの魚の数が一番多い人が勝利。

魚パネルは1~3匹。



ちなみにタイルは60枚で、魚の合計は100匹。
誰も辿りつけない浮島ができたりするので、ゲーム終了時プレイヤーの魚の合計値は100でなかったりするが。

簡単なルールなのに、やればわかるが熱くなる、考える。

何も考えずにプレイすると…



青!絶望的!!!
こうやって相手を小さな島に閉じ込めるといい。

しかし、これにこだわりすぎると魚が取れない!

上の画像のゲームは2人でやったのだが、残り1匹のペンギンが大躍進してすごい僅差の戦いになった。

このゲーム、個人的に気に入ったのだが、そのポイントと一つとして。


ペンギンコマがかわいい!
コマは4種類のポーズ×4色。
やっぱりコンポーネントが気に入るかどうかは大事よね。

ツイッターの感想

まとめ

・安い!
・簡単!
・面白い!
いやいや、ほんとにこれはオススメ!!!!!
そんなに場所も取らず、手札などもないので大人がお酒を飲みながらでも。
簡単ルールでかわいいので、子どもとでも。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , ,