ボードゲームレビュー

2人専用ボドゲ!バイソン将棋を買ってみたレビュー!

【バイソン将棋】
プレイ人数:2人
プレイ時間:30分

バイソン将棋は2人専用のボードゲーム。

村を襲うバイソン側と、インディアン側で将棋のようにコマを動かしてプレイする。

2人専用ゲームの中で、珍しい2人の役割が違うボドゲ!

ルールはとても簡単なので、子供とのプレイもおすすめ!

作ったのはあのアレックス・ランドルフ

Amazonだと1600円とかで買える!安い!!

結構大きめの箱!

22.5cm × 35cm × 5cm

中身はボードとコマ

大きなボードが遊びやすくて良い!

バイソン将棋のルールと流れ

見開き説明書で書き終わっちゃうくらいの簡単ルールだ!

バイソン将棋の準備

以下のようにバイソンと、村の酋長(しゅうちょう)と、犬を並べる。

写真では向かって奥側がバイソン側。

コマがどれも可愛くて素敵!!

バイソンは川の向こうからやってくる。インディアン側の川を越えられると負けだ。

コマの動かし方

バイソン

前に1マス進むことができる。将棋の歩と同じ。

バイソンはこのゲームの中で唯一、川を超えることができる。

ただし、前のマスに犬か酋長がいると進めない。

↓こうやって川を越えれば勝ち

酋長

縦横斜めの8方向どこかに1マス進むことができる。将棋でいうと王と同じ動き。

川を渡ることができず、犬のいるコマにも行けない。

バイソンのいるコマに行くと、バイソンを捕獲し、ゲームから取り除かれる。

縦横斜めの8方向に何マスでも進むことができる。ただし他のコマを飛び越えることはできない。

将棋でいうと角と飛車を足したような動き。

川を渡ることができず、他のコマがいる場所には行けない。

この機動力で、バイソンの前に立ちはだかり動きを止めるのが役目

酋長はバイソンをゲームから取り除ける。

ゲームの流れ

バイソン側からゲームはスタート。

交互に手番を行い、バイソン側は1匹でも相手側の川を越えたら勝利!

逆にインディアン側は、バイソンを捕まえて、全てのバイソンを動けなくしたら勝利だ!

(バイソン川の勝利条件が達成できなくなったら終わり)

1度ゲームが終われば、今度は役割を入れ替えてプレイ。

バイソンとインディアン、両方の役割で勝利したプレイヤーが最終的な勝利だ!!

戦略メモ(勝ち方)

バイソン側は、左右端付近のバイソンの動かし方がポイントになる。

同じ側のバイソンを動かしすぎると、酋長にまとめて捕獲される。

酋長を左右に揺さぶることが重要だ。

逆に酋長側は、酋長の動きが非常に重要。

無駄な動きがないように、効率よくバイソンを捕まえるような動きを意識しよう。

(遠いバイソンは犬に任せ、近いバイソンを効率よく捕まえる)

ツイッターの感想

まとめ

・2人専用簡単ルール!

・非対称ボドゲがこの値段で!簡単ルールでできるのはすごい!

・箱がやや大きめ。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , ,