ボードゲームレビュー

虫を祈るダイスゲーム!ヘックメックを買ってみた!

【ヘックメック】
プレイ人数:2~7人
プレイ時間:20~30分
ヘックメック
はサイコロを振って、場の虫タイルを集めるゲーム。
簡単で盛り上がるサイコロゲー。


コンパクト!

海外の説明書と、日本語訳説明書が付属

上段がタイル、下がサイコロ8つ

ヘックメックのルールと流れ


プレイヤーはまずサイコロを振る。
そして振ったサイコロの出目を1種類確定させる。
再度サイコロを振るかを選択し、サイコロを降振る場合は出た目について、先ほど確定させた以外の出目を確定させる。
それを繰り返し確定させた出目の合計値以下の場のタイルを取る、を繰り返し、タイルがなくなればゲーム終了だ。

まずタイルを並べる。
これ描かれている虫の数を競う。


サイコロを振る!

次! 
ここでは「5」が2個出ているので「5」を確定させる。


また「5」が2個出ていたがもう「5」は確定できない。虫を1つ以上確定できないと手番は失敗となるので、ここは虫を確定させる。
ちなみに虫は計算の時には「5」として数える。今の合計値は15、まだ場のタイルには届かない。

よってまだまだ振る。


苦しくなってきた、ここは「4」を確定。まだ合計値は19。



「3」が3つ!3を確定させる。

まだあと1つを振ることができるが、1・2以外が出ると確定できず失敗となるので振らないでおく。
合計値は…

虫は5なので28!
なので28以下のタイル、ここでは28を取る。



コレを皆で繰り返していく
手に入れたタイルは1つに積んでいく。


これには意味があり、もし自分の手番で出した数字が、相手の一番上のタイルと同数ならば相手の1番上のタイルを奪うことができる!
もし手番が失敗した場合、自分の一番上のタイルを場に返し、場のタイルの一番大きな数字を裏返す。


なので終盤はこんなことになる


29以上がでれば取れるがそれ以外では失敗となる。
なので相手のタイルの山の一番上の数字をあえて狙って、奪うのも重要となる!

ツイッターの感想


こんな裏返しだらけの試合も。。。

まとめ


・簡単なルールで誰でも楽しめる!
・サイコロとタイルだけなので省スペースで飲みながらも安心
・虫を取り合うというルールが面白い。インストの際には世界観踏まえてインストしよう。

  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , ,