ボードゲームレビュー

お手軽パーティ駆け引きゲーム!コヨーテを買ってみた

コヨーテは全員が数字が書かれたカードを1枚おでこに付けてプレイするゲーム。
自分のカードが見えない中、場の全員の数の合計以下の数を予想し順番に言っていく。
数は前の人が言った数より大きい数しか言えない。
もしも前に行った人が場の合計より大きいと思ったら…コヨーテ!!

【コヨーテ】
プレイ人数:2~10人
プレイ時間:15~30分
これはパーティゲーとして本当にオススメ!簡単片手でもできるパーティゲーでありながら、推理、ブラフ要素も有り超楽しい!!人狼みたいに戦略的敷居は高くなく、初めての人も楽しい!

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)

コンパクトって素晴らしい!

中身はカードのみ。なかなか好きなデザイン。

これがライフカード。

プレイヤーは2人の身代わりを初期で持っている。

1度失敗すれば裏返しで1人の身代わりに。
もう1度失敗すればカードを手放し。
更に失敗すればゲームから離脱(負け!!)。

続いて
これが数字カード。場にある数値の合計を予想する。

ただし、こんな特殊カードも…


左から、
・夜カード
プレイ中は数字の0として扱う。そのプレイの計算が終われば、場に捨てたカードを全て山札に加えシャッフル(場のリセット)
・?カード
計算時にカードを引いてそのカードで計算する。うん、運ゲーだね。
・×2カード
計算時に場の数字の合計を×2に!インフレ!
・MAX→0カード
場の数字の最大値カードを0にする。これらの特殊カードは自分で持つと(見えないと)不利!

ちなみに全てのカードの裏には、全カードの種類と数が書いてある。


20は1枚、15は2枚、5は4枚って感じ。こういう細かい配慮はイイネ!

コヨーテのルールと流れ

ルールは簡単!

1.全員が1枚カードを引いておでこにスタンバイ

この時、自分のカードは見ないように!
インディアンポーカーみたいな感じ。部屋の鏡とかも見えないようにしておこう!

2.最初のプレイヤーは場の数字の合計以下だと思う数字を宣言!

この時数字は1以上を宣言。

3.次以降のプレイヤーは前の人が言った数より大きい数字を宣言or前の人が言った数が場の合計以上だと思ったら「コヨーテ!」と宣言!

コヨーテ宣言があるまで、数字を大きくする宣言をぐるぐる回す。

4.「コヨーテ!」宣言があったら全員がカードを見えるようにして計算。

前の人の数が、場の合計より大きかった(嘘つき)の場合→前の人がライフ1減る
前の人の数が、場の合計以下だった(正しかった)場合→コヨーテと宣言した人のライフが1減る
これを最後の一人になるまで繰り返す!!

ちなみに3回ライフを失うと脱落だが、

横からプレイを見てるのが楽しい!

コイツ…平然とした顔で嘘をついて誘導してやがる!とか見るのが楽しい!

おこげ

簡単だけど奥が深い、でも初心者でも楽しめる!

追加ルール

↓のカードを1ラウンドに1度使用するという追加ルールがある。


・SAME…パス。ただし次の人はSAME使用不可
・DOUBLE…数言って次の人がコヨーテ宣言して間違っていたら、コヨーテした人ライフ-2
・RIVERS…数言って順番逆に
・DRAW1…数言って誰かにもう1枚引かせる。1ラウンドで誰か1度しか使用不可
・CHANGE…前の人にさっき行った数字以上の数を宣言させるか、コヨーテを言わせる
・SHOT…数字言って、次のプレイヤーを指名する

1ラウンドに1度使用できるが、ゲームのテンポが損なわれるので個人的にはあまり好きじゃない。
夜カードが出るまでに1度使用できるとかのほうがいいかも。
というかこの追加ルールがなくても面白いので、飽きるまで同じメンツでやり尽くした時にでも使用しよう。

ツイッターの感想

まとめ

・手軽に盛り上がれる!

・人数が増えても対応可能な参加可能人数。

・最終的には1対1になるゲームだけど、初期人数は4人以上は欲しいかな

・手軽に持ち運べて、スペースもいらないので旅行や飲み会におすすめ!

created by Rinker
ニューゲームズオーダー(New Games Order)
  • この記事を書いた人

おこげ@ボードゲームを買ってみた

大学生時代のゼミにて、海外ボードゲームと出会う。 人狼のようなトーク中心のゲームよりも、効率的なアルゴリズムを追求したり、選択のジレンマがあるようなドイツ系?ボードゲームが好き。

-ボードゲームレビュー
-, , , , , , , , ,